審査に落ちてしまうNGパターン

カードローンを利用してお金を手に入れたいなら、避けては通れない手続きが存在します。審査と呼ばれているものです。あなたの住所氏名、さらには勤務先の情報などを総合的に判断して貸付が行えるかを判断されます。借り入れによるトラブルを可能な防ぎたい一心で、審査段階ではタブーとされている数々の失敗を重ねる方がいらっしゃるようです。

 

審査に落ちてしまうばかりか、ブラックリストに登録される恐れさえありますので用心しましょう。具体的にどんな行為が原因で審査に通らなくなるのか、多くの方が意識的に行ってしまうパターンを解説します。最も多いのが親族の情報を偽る行為です。返済が滞ってしまえば、債務者の親族への取立てが開始されます。

 

それは周知の事実ですから、審査申し込みで親族の氏名や住所を架空のものにされる方がいらっしゃいます。カードローン会社は提出された個人情報の正当性を全て確認します。欺くことができると確信ができるような、精巧に作成された申込書でも審査のプロ集団は即座に見抜いてしまうのです。正々堂々と審査を受けるようにしましょう。

 

先に挙げたパターンのほかにも在籍確認の電話に出ないといったものもあります。借り入れを行うなら、カードローン会社からの要求には全て応じましょう。
オリックス銀行カードローンの借り入れ手続き